水交苑デイサービスセンターのぎく

 

平成30年度 “思い出”

平成30年度 “思い出”
 
   ★2月★
   ★2月★の説明
2月3日は「節分」です
“節分”とは、本来季節の分かれ目を意味する言葉で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指します。
昔は立春が新年の始まりであったため、この日は特に重要とされていました。
「鬼は外、福は内」の掛け声とともに豆をまきます。
豆まきの意味ってみなさんご存じですか
昔、季節の変わり目には鬼が病や災害を持ってくると考えられていたため、鬼を払い、無病息災を願うための儀式として、宮中で豆まきが行われました。
基本的には豆まきは、鬼がやって来るとされる夜に行い、自分の年齢より1つ多く豆を食べて1年の厄除けをします。数が多く食べきれない場合には、3粒の豆と結び昆布、梅干しを入れた「福茶(ふくちゃ)」を飲みます。
また、鬼は色によって性格が異なるみなさんご存じでしたか
鬼には、人間の欲や頬脳を表す5つの色があると言われていますindecision
 
赤⇒貪欲(どんよく) 青⇒瞋恚(しんに) 黄(白)⇒掉挙(じょうこ) 
緑⇒惛沈(こうちん) 黒⇒疑心暗鬼(ぎしんあんき)
 
社会福祉法人水交苑
〒017-0034
秋田県大館市下代野字
中道南36番地1
TEL:0186-48-3553
FAX:0186-48-3552

1.介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム
短期入所含む)
2.通所介護事業
(デイサービス)
3.訪問介護事業
(ホームヘルプサービス)
4.居宅介護支援事業
 地域包括支援
5.軽費老人ホーム
(ケアハウス)
<<社会福祉法人水交苑>> 〒017-0034 秋田県大館市下代野字中道南36番地1 TEL:0186-48-3553 FAX:0186-48-3552